修理(研ぎ)実例 | 日本語 | 包丁に関する記事や、店舗や、築地の記事などをご紹介いたします。

杉本包丁コラム

修理(研ぎ)実例

修理(研ぎ)実例
UPSでアメリカから到着

アメリカからのご注文

ご愛用いただいていた包丁が欠けてしまったので、新しく購入したいとのご注文をいただきました。
「これと同じものを」と添付頂いた写真を拝見し、新しい品をお送りする際に「(写真の包丁も)修理可能ですので、よろしければご帰国の際にお持ちください」と書き添えたところ、郵送で修理をご依頼頂きました。

大きめに欠けてしまったのでもう使えないと思っていらっしゃたとのこと。
メールで詳細の確認をさせていただきながら、修理いたしました。

修理(研ぎ)実例
欠けている部分をすべて削るので細くなりますが、全体のバランスを崩さないようにいたします。 出来上がりはこの線くらいの大きさになるとご報告して確認していただきました。
修理(研ぎ)実例
修理完成! ひとまわり小さくなりましたが、綺麗に形は元どおり。 そしてもちろん、切れ味も最初と同じに復活です。 またご愛用いただけることを願って、ご返送いたしました。

修理を終えて…

出来上がりとご返送の報告に、とても喜んでいただくことができました。
「また使えることを楽しみにしている」とのお言葉に、永くご愛用頂けることを改めて嬉しく思っています!

次へ